パピヨンを飼うことについて

遊び方

papillon
犬の中でも運動能力が高いパピヨンは、各々の性格を理解するという試みが大事です。

しつけ方と遊び方の双方をバランスよく行うことで、我慢できるペットにすることが可能です。

細かい要素を積み重ねていくことで、飼い方の内容については
前向きに考えていくことが できるようになり、最終的にパピヨンを飼う
メリットをより多くする可能性を増やすことに つながります。

パピヨンの飼い方は適度な食事と運動が最低条件となっていくことから、
家族の一員としてしっかりと面倒をみるといった意識を
まず飼い主の側が持つ部分が大事になるのです。

理解度が早いパピヨンの傾向を生かしながら、オスとメスの違いを
把握して戯れることが重要です。

それからペットを飼う人どうしの交流の機会を増やしていくことも、現代では重要な位置づけとなっています。
マナーを守って常に正しい方向を目指していくことで、将来への道筋が出来上がっていくからです。

公園に出かけると、同じく犬を連れて散歩に来ている人や
既に交流を持って集まっている人もいるでしょう。

そういった人達との交流を自分からもしていくことで、パピヨンにも
社交性が身につき、大勢の人の中で連れても落ち着いていられるようになります。

もちろん警戒心がなくなりすぎると、犬が苦手な人に飛びついたり
ということにもなりかねませんので、注意が必要な部分はあります。

それに加え楽しく遊ぶことができれば、ペットも大喜びであるという意思表示をしていきます。子犬のパピヨンをしつける方法

犬のボディーランゲージ|しぐさで気持ちを知るには

犬のしぐさは自分の喜怒哀楽を相手に表すだけでなく、無駄な争いを避けるために
行っている事をノルウェーの動物学者が発表しています。

犬が出すこのサインをカーミング・シグナルといい、正しい意味を知る事で適切な対応が可能です。

人間とは意味が異なる場合があり、例えば飼い主から叱られているのに大きなあくびをする場合は
注意をしている飼い主に落ち着いてほしいと思っている状態になります。

叱られているのにそっぽを向く場合は、反省しているので許してほしいという意味があるのです。

トレーニング中に身震いをするのは、飽きてしまい勘弁してもらいたい時になります。
呼んでも蛇行しながらすぐに来ないのは、許して欲しい場合です。

誤解をすると良くない状況に、噛んだ後になめるしぐさがあります。
これは相手に対して言う事を聞かないと次はもっとひどい目にあわせるという意味があります。

フレンドリーな犬に多いのは、体を伏せて鼻や口の周りをなめる行為です。
犬が発するサインを正確に受け止めて対応する事が飼い主に必要な行為になります。

注意をする時やトレーニングをする上で注意をすると役立ちます。
カーミング・シグナルは研究中の内容があり、注目されているのです。

飼い主が気をつけること


ただし、遊び方に関しても飼い主には気をつけるべきポイントがあります。
単純におもちゃを与えるのではなく、遊び方にもルールを決めてください。

なんでも噛みちぎってしまったり、力の加減ができなくなったりと
遊びの延長で、悪い癖がついてしまうこともあります。
ですので、遊ぶこともしつけの一つだということを意識した上で
正しく楽しく遊んであげてください。