ホーム

しみ治療には向き、不向きの季節があることをご存知でしたか。

しみの大敵は紫外線であることを、知っている方は多いです。
しみ治療にも紫外線は大敵なのです。

 

美容皮膚科でのレーザー治療や、外用薬を塗布しての治療など、しみ治療には様々な方法がありますが、
その治療過程で肌が非常に敏感になるためです。

普段なら何ともない紫外線でも、この時に浴びることで、治療中のしみを悪化させる原因となるのです。

そのため、しみ治療期間中の紫外線対策は必至となるのです。

紫外線は一年中降り注いでいますが、UV-Bは5月から10月にかけて、非常に強いと言われています。
つまり、日常的に紫外線対策を行うとしても、完全には防ぎきれないことを考えると、しみ治療のベストシーズンはUV-Bが比較的弱い冬なのです。

 

一番治療に向いていないのは5月らしいです。

5月~10月の中では5月が1番紫外線が多いといわれています。

まずはしっかりとした紫外線対策が大事ですよね。

 

美容の費用負担は大変ですが、

自分のできる範囲での予防をすることをまずは心がけようと思います。